『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』を久々に見た

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (吹替版)

今日は久々に『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』を見ました!

ハリーポッター大好きなので、もう何回見たかわかりません。

 

昔から同じ映画を繰り返し見る癖があるようで、ハリーポッターはその一つです。

定期的に見るのですが、もはや面白いというよりも癒しを求めて見ている気がします…

子供の頃に見た映画ってやっぱり特別な思い入れがあります。

 

内容

不死鳥の騎士団の見どころといえば、神秘部でデスイーター達と闘うシーンですね!

あの子供だったハリー達が成長して、自分達の力で悪の軍団と対等に闘うところは最高です。あとはヴォルデモートとダンブルドアが闘うシーンの迫力! 

 

ただ原作からかなり省略しているのが残念だなぁ…と思います。神秘部のおどろおどろしい雰囲気や訳の分からない部屋とか。あとネビルの話を省略しているのが勿体ないなぁと。

 

個人的にハリーポッターは大人世代のキャラクターの魅力がすごいと思う。なんなら大人世代の方が華があるというか特徴が強い人が多い気がする。シリウス、ルーピン、スネイプ、ベラトリックスあたりがすごく好きです…!

 

 

はあ、もう物語の中に入りたい…と現実逃避

死ぬまでに一度でいいからハリポタ撮影地を巡ってみたいなぁと思いますが、今のところなかなか難しそうです…無念('ω')

小説が面白い

マウス (講談社文庫)

コンビニ人間』を読んでから、すっかり村田沙耶香さんの小説にハマりました。

とりあえず古本屋で村田沙耶香さんの本をあるだけ買ってきて読んでいるんですけど、ホントどれも面白いです!

基本的に暗い女性が主人公であるので、共感できるのではないかと思う…

 

 

ここ最近、小説をよく読むようになりました。

今まで読んでいた本といったら、自己啓発やスピリチュアル、心理学やメンタルケア系の本、筋トレ・ダイエット関連の実用書、などなど…

純粋に楽しむというよりは、とにかく自分の助けになる考え方や方法を知りたくて読んでいました。

 

以前は小説なんて面倒くさいしツマラナイと思っていたのですが、それは自分にとって面白いものを読んでいなかっただけで、面白い小説は面白いんだと気づきました。発見です。

 

あと、なぜかツマラナイ小説も謎の義務感で全部読もうとしていました。

ツマラナイやつは途中で辞めるようにしてから、自然に色んな本を読めるようになった気がします。

 

楽しみが増えて嬉しいです。

『コンビニ人間』を読んだ

コンビニ人間

今日は、服調達のためにユニクロへ行ってきました。

休日に外に出るのはもの凄ーく億劫なんですけど、服がなくて困るのは自分なので気力を振り絞って買い物してきました。

帰りにブックオフへ寄って、ずっと前から気になっていた小説『コンビニ人間』を見かけたので購入。

 

さっそく読んだんですけど、とても面白かった!!!

 

内容

就職をしないで18年間ずっとコンビニバイトをしている女性が主人公。

この主人公がとにかく変わり者で、そんなの主人公の日常を描いたお話です。

 

私もフリーター(たまに無職)をしているので、勝手に自分と重ねたりして共感しました…。

また彼女の「普通になりたいけど、なれない。何をどうすればいいのかわからない。」という気持ちもなんとなくわかるような…

 

みんなが認める『普通』じゃないと、責められがちな気がします。

そこにみんなが納得する理由がないと、さらに風当りが強くなります。

しょうがないことだけど、辛い…(*_*)

 

 主人公は普通の人にはなれないけれど、コンビニ店員にはなれる自分を受け入れられます。

けれど白羽(主人公の同棲相手)は、自分を受け入れられない。自分を傷つける世間体を恐れて敵視しているのに、それと同じ価値観で周りの人を罵倒します。そんな白羽を主人公は「生き辛そうだな」と見ています。

 

 

 主人公のように吹っ切れれば、楽になれるのだろうけど、そう簡単に吹っ切れられないよなぁと思いました…