me_mのブログ

思ったことや読書感想

『ゼロ秒思考』を読んだ感想。頭が良くなりたいのなら、メモ書きをしよう

 

 

ゼロ秒思考  頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

 

頭が良くなりたい!!!

 

お恥ずかしいですが、私は頭が悪いのがコンプレックスです。

物覚えが悪く、勉強も得意ではなく、仕事も遅い...

なんとかしたいと思い、手に取ったのがこの本。

 

 

ゼロ秒思考ってどんな本?

著者は、スタンフォード大学院卒後マッキンゼーで働いていた赤羽雄二さん。

 

そんな頭の良い人が実践している、『頭が良くなる世界一シンプルなトレーニング』を教えてくれるのがこの本です。

 

そのトレーニングとは、A4用紙にメモ書きするという超シンプルなものです。

1枚の紙に、テーマを一つ設定して、そのテーマについて思いついたことを、1分以内で素早く書いていくというもの。

 

たったこれだけで、日常の悩みは解決される、自信が出てポジティブになれる、急成長できる...など様々なメリットがある。

 

誰でも簡単に実践できる

紙に書くだけ!という超シンプルな方法。

紙とペンさえあれば、誰だってできます。

 

モヤモヤした気持ちを文章に書くと、なぜかスッキリするという経験はありませんか?

私はブログをやっていてよく感じます。なんとなく嫌なことがあったとき、落ち込んだときにブログに吐き出すように文章を書く。そうすると毒が落ちたように、スッキリします。

 

しかし、ブログに書くと、1記事書き上げるのに結構時間がかかってしまうんですよね。私は書くのが超遅いので、モヤモヤした気持ちを吐き出すだけの記事にも1時間はかかってしまいます。

 

その点、この本のトレーニング法でかかる時間はわずか1分!!!

今まで、1時間もかけていたものをわずか1分に短縮できる。コスパ良。

 

今までは、ブログに嫌な感情を吐き出して、モヤモヤ感を解消するということをしていましたが、今後はこのゼロ秒思考法も取り入れます。不安定な精神状態から、ブログにやばいこと書いて黒歴史にするということもなくなり一石二鳥。

 

日常生活で生かせそう

高尚なテーマについてメモ書きをする必要はありません。

ほんと日常のしょーもない悩みでいい。「部長がうざい」とか「今日あいつにあんなこと言われたムカツク」とかそんなことでOK。むしろ、そういう日常の小さなモヤモヤを解消する方が日々楽しく暮らすために必要です。

 

この本を読み終えてから、さっそくやってみたのですが、たしかに思考が整理されてる感じがしていいです。「自分こんなこと思ってたんだ~」って発見があります。そして意外と楽しい。

 

メモ書きをすることで、その悩みを解消または改善策を思いつき、日常をよりよくできる。そんな短期的なメリットに加えて、長期的に続けることで瞬時に現状を認識し判断する『ゼロ秒思考』の領域に達することができる。

 

やるっきゃない。

 

まとめ

以上、ゼロ秒思考を読んだ感想でした。

実際にメモ書きを続けてみた効果など、今度書いてみたいと思います。