テキトーにスクワットしてたら膝を痛めたので、改善策を調べた

Pamela and Muscles

ここ最近、毎日スクワット40回程しているのですが、先日膝を痛めました...

正確に言うと痛める1歩手前。膝に違和感を感じたので「このまま続けたら痛めるな」と一旦スクワットをやめた。

部屋に引き篭もってると座りっぱなしで本当に筋肉を使わないので、無理やりでも使わないとどんどん筋肉がなくなっていくからできれば続けたい。

 

ということで、筋肉なし・運動不足な人でもスクワットで膝を痛めない方法を調べてみた。

準備運動・ストレッチをする

ダンベルとか持ってないし、回数も40回。自分に無理のない範囲で続けていたはずなのに、なぜ急に膝を痛めたのか考えてみたところ、、、準備運動不足がありました。

 

普段は、バレエビューティフル&ストレッチしてからスクワットしていたのですが、先日はバレビュをサボって急にスクワットだけしたから痛めたと考えられます。

毎日スクワットだけしていて膝痛めた...って人は、スクワット前にストレッチしてみると改善されるかもしれない。

 

フォームを確認する

これが一番の原因かと思います。

自分でネットで調べて「こうかな?」とやってみるのですが、どこか間違っているのかもしれない...。それでも聞ける人がいないので、一人で試行錯誤しながらフォームを正すしかない...スクワット難しい...

調べたところ、以下を意識すると良いそう

  • 腹筋に力入れる→脚全体に安定した負荷がかかりりやすい
  • お尻の穴を引き締める→フォームの安定感UP
  • 股関節から曲げる→膝から曲げると膝の負荷UP
  • 膝がつま先と同じ向き→内側・外側向いてると、膝痛める原因に

意識するのめんどくさいけど、テキトーにやって膝壊したら何のためにやってたんだ...ってことになるので、ちゃんと意識しよう。

 

イスを使って、身体に正しいフォームを覚えさせる

といっても、ジムで教わってもいない知識もない運動初心者が自分でフォームを正すってなかなか難しい。

調べたところ椅子などを使って行う「ボックススクワット」なるものがいいようです。

後ろに椅子おいて、そこに座るように腰を下ろす。腰を真下に下ろすように意識しやすく、前傾姿勢になりにくいから、初心者にいいみたい。

ボックススクワットで「腰を真下に下ろす感覚」を身体がわかったら、普通のスクワットに戻してみようと思います。

 

めっちゃゆっくりやる

早く終わらせたいからといって、早く動いてはいけない....。反省。

焦らず、ゆーっくりやった方がいいみたい。

 

でも続けないと意味ない

意識することはいっぱいあるけど、色々考えてめんどくさくなってやめてしまっては意味ない。どうしても膝痛めるようならスクワットやめて、別の運動すればいいだけだ。

 

いつも考えすぎてめんどくさくなってやめる...というパターンなので、テキトーに気楽に続ける心は忘れないようにしたい

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ
にほんブログ村