ザ・ノンフィクション「会社と家族にサヨナラ・・・ニートの先の幸せ」を見た

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない (幻冬舎単行本)

 

ザ・ノンフィクションの「会社と家族にサヨナラ・・・ニートの先の幸せ」を見ました。

 

面白かった。すごいこんな生活できるんだ私もしたい~と羨ましく思いました。

 

ニートでも人との繋がりを持つことの重要性

番組の内容は、京大を卒業して普通に就職したものの28歳で退職してニートになったphaさんに密着したもの。

phaさんは、ネットで知り合ったギークの人達とシェアハウスをつくり、数人で共同生活を送っています。シェアハウスでは働いている人もニートもいて、お互い助け合いながら生活しているようです。

 

私の場合ニートをしていると徐々に心身ともにまいっていくんですが、その一番の理由は人との関わりが一切なくなってしまうことだと思う。

バイトや学校に通っていれば嫌々でも人と関わらなくてはいけないし、たとえ人間関係最悪だったりしても社会に参加してる感は少なからずある。それが家から出ないぼっちになってしまうと自分の頭の中が自分だけになってしまい、あまりに自分のことばかり考え続けると思考が煮詰まって何かおかしくなってしまうんですよね…

 

シェアハウスに住めば人との関わりを断つことなくニートができるので、いいなと思いました。

 

けれどニートになってしまうのは人と関わるが苦手だったり、集団に馴染めなかったりするのが原因でもあるので、はたしてシェアハウスで住人達とうまくやっていけるのかという点が問題ですね…

 

持たない幸福論を読んで

気になったのでphaさんの著書「持たない幸福論」も読んでみたのですが、自分の思っていたことやが書かれていて、同じ感覚の人が結構いるんだなと少し楽な気持ちになった。

 

周りの人に「心身ギリギリになりながら働くくらいならお金がないほうがいい。」なんて言ったら、変わってるとかそんなんじゃ人間ダメになるとか言われるので、自分の考えがおかしいのかとモヤモヤするしかなかったのです。

 

人は一人では生きていけない。経済的にも精神的にも。

そのためには自分の居場所をつくる必要がある。

お金・仕事・家族・結婚は居場所作りのための手段であるけど、それだけが全てではないし、それらが合わないのなら他の場所で居場所をつくればいい。(みたいなことが書いてあったと思う、たぶん、うろ覚えだけど)

 

幸せにニートをするには、いかにして人との繋がりを維持するかが重要なのかもしれない。ゆるい繋がりをいくつか持っていれば、何かとなんとかなるらしい。

 

番組や本を読んで何故か気持ちが楽になったのは、世間で良しとされているものに自分がついていけなくても絶望しなくてもいいんだなと思えたからだと思います。

色んな生き方があっていいと考えた方が楽になれますね。

 

 

一度シェアハウスに住んでみるっていうのもいいなぁ

今、週5日でバイト入れてるんですけどなかなかにつらい。つらい。就活どころじゃない…。

シフト減らしたいと思いつつも、目標のお金を貯めたいので減らせない…。

目標が叶ったら、めんどくさいこと全部取っ払って自由気ままに暮らしたいなぁと妄想しております

ぁぁどっか遠くに行きたいぃ…海外逃亡したい…