me_mの日記

フリーターのぼちぼち生きる毎日。読書感想や思ったことを書いています。

『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』を久々に見た

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 (吹替版)

今日は久々に『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』を見ました!

ハリーポッター大好きなので、もう何回見たかわかりません。

 

昔から同じ映画を繰り返し見る癖があるようで、ハリーポッターはその一つです。

定期的に見るのですが、もはや面白いというよりも癒しを求めて見ている気がします…

子供の頃に見た映画ってやっぱり特別な思い入れがあります。

 

内容

不死鳥の騎士団の見どころといえば、神秘部でデスイーター達と闘うシーンですね!

あの子供だったハリー達が成長して、自分達の力で悪の軍団と対等に闘うところは最高です。あとはヴォルデモートとダンブルドアが闘うシーンの迫力! 

 

ただ原作からかなり省略しているのが残念だなぁ…と思います。神秘部のおどろおどろしい雰囲気や訳の分からない部屋とか。あとネビルの話を省略しているのが勿体ないなぁと。

 

個人的にハリーポッターは大人世代のキャラクターの魅力がすごいと思う。なんなら大人世代の方が華があるというか特徴が強い人が多い気がする。シリウス、ルーピン、スネイプ、ベラトリックスあたりがすごく好きです…!

 

 

はあ、もう物語の中に入りたい…と現実逃避

死ぬまでに一度でいいからハリポタ撮影地を巡ってみたいなぁと思いますが、今のところなかなか難しそうです…無念('ω')