me_mの日記

フリーターのぼちぼち生きる毎日。読書感想や思ったことを書いています。

『脳はどこまでコントロールできるか?』を読んだ

脳はどこまでコントロールできるか? (ベスト新書)

中野信子著『脳はどこまでコントロールできるか?』を読みました。

youtubeで中野先生のラジオをなんとなく聴いていて、興味を持ったのがきっかけです。

一見賢くてお淑やかなイメージですが、意外とコミュニケーションが苦手だったり、最近までカツラの下は金髪だったりと、なかなか奇天烈で面白い方です。

 

脳の仕組みをわかりやすく解説してくれる

脳科学ってなんとなくワクワクしませんか?

「いや本当かよ」と言いたくなるような胡散臭い話もありますが、私はこういうの好きですね!

自分が落ち込んだり、楽しくなったり、やる気が出たりする理由を知っておけば、感情のコントロールに役立つような気がします。

 

この本ではちょっと日常で役に立ちそうな脳の仕組みを易しく説明されています。

ナンチャラ効果やナントカの法則みたいなやつ。

「ホンマでっかTV」みたいなノリで小難しい話はなく、読んでいて普通に面白いです。

 

・意志力と妄想力が相反する場合では、妄想が勝つ。妄想を味方にしよう

・身なりを整えたり、自分を褒めたり、良い自己イメージを作り上げるのは大切

・嫌な妄想が頭をかすめたら、その不安を一度しっかり受け止める

などなど…少し意識してみようかなと思いました。

 

脳科学にちょっと興味を持たせてくれる本でした!